パター上達に最適 スーパーベントパターマット パターマット工房

パターの練習を毎日したいと思い、パターマット工房のパター練習マット(サイズは3m× 90cm)を購入しました。

f:id:koyo_nishijima:20180716204614j:plain

  

マットの大きさ

マットに立って練習をしたかったので、3m×90cmサイズにしました。

1mから2mのパット練習に最適なサイズです。

この距離は結構はずすことがあるので、確実に入れるように練習すれば5打ぐらいスコアアップしそうです。

ロングパットの練習もしたく、もう少し長いサイズが欲しかったのですが、部屋にスペースがありませんでした。

廊下への設置を考えましたが、妻に反対されて断念。。。

  

距離感マスターカップ

セットされている『距離感マスターカップ』は、カップから30センチ程度オーバーする、ちょうどよい距離感(ナイスタッチ)の習得に最適です。

追加でもう1枚購入すると、両サイドにマスターカップをできるので、ボールを戻す手間がかからず、練習に集中できます。

 

まっすぐぱっと

別売の『まっすぐぱっと』は、まっすぐに引いて、まっすぐに打ち出す練習に最適で、フェースをスクエアのまま、まっぐに打ち出すストロークを体に覚えさせてくれ、ストロークの大きさが分かる線が付いているので、微妙なタッチの練習に役立ちます。 

 

最後に

パターはスコアーの30~40%を占める大事な一打です。

1センチでも100ヤードでも同じ一打なので、パターが入るように練習すれば、今よりもスコアは良くなります。

言うなれば、スコアメイクに欠かせないのがパターです。

 

2018年、PGAツアーで優勝を果たした小平智プロは、カップから1メートルの距離を、4方向から3球ずつ、計12球を連続でカップインさせて、もし連続で入らなければ、最初からやり直すという、地道な練習を重ねPGAツアーで結果をだしました。パターの練習は重要ですね。

 

パターの打ち方に正解は無いと言われますが、基本は、まっすぐに打ち出せるようになることです。

まっすぐ引いて、まっすぐ打ち出す練習が、パターの上達につながり、何回打っても、まっすぐに打ち出せるストロークを体に記憶させることが大事。

まっすぐに引いて、まっすぐに打ち出す練習が簡単にできる、『スーパーベントパターマット』と『まっすぐばっと』おすすめです。

 

パット練習システムSB-90cm×3m(まっすぐぱっと付き)パターマット工房PROゴルフショップ

パット練習システムSB-90cm×3m(まっすぐぱっと付き)パターマット工房PROゴルフショップ

  • 出版社/メーカー: PRO-GOLFSHOP(プロゴルフショップ)
  • メディア: その他