コンパクトに持ち運べるストーブ FLAME STOVE

f:id:koyo_nishijima:20200528213416j:plain

コンパクトに収納できて、組み立てが簡単なストーブ&たき火台。

 

シンプルデザインと質感、そして価格の割に安っぽさが無いのがいい感じです。

 

収納に便利なメッシュ袋が付いて持ち運びも楽々、組み立て後のサイズが丁度良く、キャンプ、登山、釣りなどいろいろなシーンで活躍しそうな「FLAME STOVE」の紹介です。

 

FLAME STOVEとは

キャンプや登山など、屋外で使用できる組み立て式コンパクトストーブです。

 煙や灰が少なく、少しの薪で大きな火力を得られるのが特徴。

 

付属品

FLAME STOVEの付属品は、本体(4分割)とメッシュの袋です。

f:id:koyo_nishijima:20200528201841j:plain

収納サイズは、約14cm(幅)×  約7cm(高さ)。


f:id:koyo_nishijima:20200528201809j:plain

収納状態。

 

f:id:koyo_nishijima:20200528201851j:plain

本体は4分割になっていて、写真左側より順番に組み立てて使用します。

 

組み立て

組み立て方は簡単で、4手順完了。

f:id:koyo_nishijima:20200528210326j:plain

1番下のパーツを置いて。

 

f:id:koyo_nishijima:20200528210235j:plain

2番目のパーツを重ねます。

 

f:id:koyo_nishijima:20200528210157j:plain

3番目パーツを2番目のパーツに落とし込みます。

 

f:id:koyo_nishijima:20200528210110j:plain

4番目のパーツのフックを広げて。

 

f:id:koyo_nishijima:20200528202905j:plain

全てのパーツを組み合わせると完成!

組み立て時サイズ 約13.5cm(幅)×  約15.5cm(高さ)。

 

重量

f:id:koyo_nishijima:20200528205616j:plain

重量はメッシュの袋を入れて368g。

約350ml缶ビール1本分の重さ。

 

材質

ステンレスの見た目がいい感じです。

 

用途

●ストーブとして

  炭や薪などを燃料にストーブとして使用。

  

●たき火台として

  ミニたき火が楽しめます。

 

●調理用として

  コンパクト調理機として使用。

  

シーンに応じて様々な使い方ができるので、このストーブ1台あればアウトドアで必要な事はある程度こなせちゃいます。

薪が無くても、自然に落ちている枝や枯れ葉などを利用して、たき火、調理なども簡単に楽しめそうなところがいいですね。

 

FLAME STOVEまとめ

燃焼原理の説明書きがありました。少しの薪で大きな火力になる。

f:id:koyo_nishijima:20200528215917j:plain

燃焼原理は、空気の通り道が2つのルートがあり、ストーブ下から入る空気の一次燃焼があって、ストーブ横からの温められた空気でさらに燃焼が強くなるようです。

まだ使用していませんが、実際どれくらい強い火力になるのか楽しみで、風が強い中でも着火しやすいのではないかと期待しています。