コストコ カクテルバーガーを買いました

f:id:koyo_nishijima:20181218160538j:plain

 

勘違い

小腹がすいた時に、温めて簡単に食べられる、ハンバーガーと思い購入しました。

 

家に帰り一個だけ食べようと思い袋を箱を開けると、

 

ソース、パン、ハンバーグが個別包装になっています。

 

えっ、調理が必要なの?

 

よく見ないで購入しましたから、こっちの勝手な思い込みです。

 

冷凍してある、温めるだけのハンバーガーなんて見たこと無いですよね。

 

英語表記で、「3 Simple Steps to Delicious Cocktail Burgers」とかいてあり、自分で作ってよ、みたいな写真もありました。

f:id:koyo_nishijima:20181218174306j:plain

 作り方は簡単ですが、今すぐに食べたい脳みそからは、10キロぐらい先にあるハンバーガー屋に、歩いて食べに行くぐらいの感じで心が折れました。

 

何が入っているのかを確認し、箱に元通りにして冷凍庫にしまいました。

 

そして時が経ち。

 

年末ということもあり、冷凍庫のスペースを空ける必要があるので、ハバをきかせているカクテルバーガーをつくってみました。

f:id:koyo_nishijima:20181218160149j:plain

 

入っているもの

 ●パン 20g×10個

 ●トマトレリッシュ 100g

 ●ハンバーグ 20g×10枚

 ●竹串 10本

 

調理の仕方

パン 

オーブンを180℃に温めてから、凍ったままのパンを入れて、5分から7分温めます。

2分後に半分にスライスします。

f:id:koyo_nishijima:20181218161904j:plain

オーブントースターを2分ほどあたためてから、凍ったままのパンを900Wで6分温めました。

少し焦げました。

5分ぐらいの時がちょうどよかったです。

 

ハンバーグ

フライパンに油をひいて、凍ったままのハンバーグを5分間加熱します。

時々返しながら中心部まで火を通します。 

f:id:koyo_nishijima:20181218164403j:plain

フライパンのサイズが少し小さかったので、2回に分けての調理です。

f:id:koyo_nishijima:20181218164430j:plain

焼きはじめで、まだ返していない状態です。


トマトレリッシュ

沸騰したお湯に、凍ったままの袋を入れて解凍します。

食べる何時間か前に、冷凍庫から出して、自然解凍でも大丈夫です。

f:id:koyo_nishijima:20181218164637j:plain

 

解凍後

f:id:koyo_nishijima:20181218171716j:plain


全部まとめて調理可能だったので、調理をはじめてから15分ぐらいで完成!

f:id:koyo_nishijima:20181218165700j:plain

焦げてる。。。

 

レタスと3個だけチーズを挟みました。

f:id:koyo_nishijima:20181218165804j:plain

普段調理しないのでハードルが高く感じましたが、温めて、焼いて、挟むだけなので、意外と簡単に完成しました。

 

大きさ

幅 5.5cmぐらい。

高さ 4cmぐらい(ハンバーグを挟んで)。

大人なら二口ぐらいでいけるサイズです。

 

パンはふかふかで、ハンバーグは牛の臭みは無く、やわらかくておいしいです。

ソースに入っている玉ねぎの食感がよく、甘めの味付けで子供にもうれしいハンバーガーです。

 

アレンジ

f:id:koyo_nishijima:20181218165558j:plain

チーズが好きなので、ハンバーグの上下に2枚挟んでみました。

 

チーズバーガーにしたり、ダブルチーズバーガーも簡単にアレンジできるので、子供と一緒に作ると楽しそうです。

 

ゲームで、一つだけ大量のタバスコを入れたりして、クリスマスや年末年始など、みんなが集まる場所でも盛り上がりそうですね。

 

最後に

コストコのカクテルバーガーの紹介でした。

調理が大変と思っていましたが、実際にやってみるとあまり時間がかからず、15分ぐらいで完成しました。

アレンジしやすいので、チーズを挟んだり自分好みのハンバーガーが簡単に作れます。

全部食べられない場合は、後からレンジで温め直してもおいしいですよ。

子供や仲間と一緒に盛り上がれる「カクテルバーガー」オススメです。

気になる方は、ぜひ試してみてください。